マイホームの防犯対策

マイホームのプランニングをする場合、防犯対策についても考えなくてはなりません。
空き巣が多発しているため、マイホームを新築するのであれば、被害を未然に防ぐような対策を施したいものです。

一戸建ての住宅において空き巣被害にあう場合、やはり窓からの侵入が多いようです。
手口のなかで一番多いには窓ガラスを割って侵入するというものです。
ガラスをドライバーなどで割り、手を入れて施錠をはずして窓を開けるというものです。
侵入者の多くは5分ほどで窓を突き破ることができなければ諦めるといわれています。
そこで最近注目されているのが防犯ガラスです。

防犯ガラスは合わせガラスになっており、2枚のガラスの間に特殊な膜を挟み込んだ構造となっています。
ガラスはすぐ割れてしまいますが、特殊な膜を突き破るに時間がかかるため、泥棒が侵入を諦めることにつながるのです。
最近では複層ガラスに特殊な防犯フィルムを挟み込んだ商品もあります。
このようなサッシを採用すれば、遮音性、保温性、防犯性に優れた窓になります。

防犯のためにすべての窓を閉め切っておくことは不可能です。
通気を行うために浴室や洗面所などの窓は開けておくことが多いと思います。
このような場合に有効な防犯対策としては、やはり面格子でしょうか。
または、窓を開けることはできても人が通り抜けることができないサイズにすることも有効な方法であるようです。

防犯対策としてセコムなどの警備会社と契約する人も多いようです。
ちなみにセコムに通信警備を依頼する場合、一戸建てであれば1が月あたり5000円ほどかかります。

Powered by Movable Type

Supported by Movable Type入門