ハウスメーカーでマイホームを建てるその2

マイホームをハウスメーカーで建てる時には、いくつかのメリットがあります。
ハウスメーカーでは住宅の部品を工場で生産しています。

部品は注文を受けてから1から作るのではなく、あらかじめベースとなる部品はできているため、発注から引渡しまでの時間が短いことが挙げられます。
そして部品ごとの単価があらかじめ決められているため、初期の段階から全体の工事費用がつかみやすいということも特徴です。

ハウスメーカーによるマイホーム建築は、あれもこれもという自由設計に対して融通は利かないかもしれません。
ハウスメーカーの多くは、「自由に設計できます」といいます。

しかし、ハウスメーカーの言う自由設計とは「この中から自由に選んでください」というものです。
選択肢の中に気に入ったものが無い場合、ある程度の妥協が必要になってきます。
「妥協はしたくない、自分の思ったとおりにしたい」という人はハウスメーカーによるマイホームつくりは避けたほうが賢明であるようです。

工場生産されるため、部品ごとの品質はある程度は保たれるはずです。
しかし、施工はハウスメーカーの系列工事店が行うことがほとんどです。
そのため、欠陥などに対するチェック機能が働きにくいというデメリットもあります。

ハウスメーカーにおけるデメリットのうち、最も大きなものは坪単価が高い、ということでしょう。
多くのハウスメーカーはテレビでCMを流し、新聞に広告を載せ、住宅展示場にモデルハウスを構えています。
これらの費用はすべて坪単価に反映されているのです。

Powered by Movable Type

Supported by Movable Type入門