犬と暮らすリフォーム

家の中で犬を飼いたい。そんな時はどんなことに注意してリフォームしたらいいのでしょうか。
犬はどんなことをしてしまうのでしょうか。犬は床を掘るのが大好きなんです。
畳、フローリング材でもおかまいなしです。無垢板でない板は薄い板を張り合わせて作られているので、元気な犬に、畳やフローリングは表面が剥がされてしまうのです。

犬には1年に2回ほど「換毛期」と呼ばれる時期があって、毛が抜け落ちてきます。
ウンチやおしっこ、吐しゃ物などで汚してしまうことも多いので、なるべく掃除のやりやすい材料を選ン出リフォームすることが大事になってきます。

例えば掃除機で吸いやすいような、つるっとした床材がいいかと思います。
そしてアンモニアに強い材質かどうかも確認してみるといいですね。

フローリング床滑りやすいですね。犬の骨折や関節のトラブルを避けたいものです。
滑りどめのワックスをかけたりして対策をしたほうが良いかと思います。
またアンモニアにも弱いため、注意が必要ですね。
カーペットを使用する時は毛足の短いタイプがいいですね。
タイルカーペットは汚れた部分を1枚だけ剥がして交換することができるので便利ですね。

室内飼いの場合は、家の中の匂いが気になるところですね。飼い主は、住んでいるうちにだんだん
匂いが気にならなくなってきますが、外から来た人には「犬の独特の匂い」がしますので、匂いが吸着しないような材料を選ぶことが必要になってきます。
また脱臭効果のある材料を選ぶことが良いかと思います。

中型犬や大型犬は、走ったり飛び降りたりする時には大きな音になってしまいます。
マンションの場合には階下へ音が響かないように材料選びが必要になってくるかと思います。

犬にも人にも優しい住まい作りができると良いですね。

Powered by Movable Type

Supported by Movable Type入門