家具リフォーム2

引越しするにあたり大きな家具をどうしようか考えてしまったことはないですか。
例えば、直径120センチもある大きな座卓があるとしたらどうしましょう。
座卓を新しい3つの家具に作り変えてリフォームした例を紹介します。

まず半分に切り分けていきます。半円のような形です。ここから3つの手順になっていきます。
一つ目の家具ですが、半分に切り分けたものをこのままでは重いので、軽くするためにチェーンソーで切断して薄くしていきます。

ルーターマシーンという機械で平面なるように削っていきます。

そして、元から付いていた脚を短く切って取り付けていきます。
それから角の面を取って仕上げていくと、あぐら座卓が出来上がりました。

二つ目の家具は、ルーターマシーンで平面になるように削った後は、半円のような形を四角に切り取ってから、チェーンソーで切断していきます。
赤白の色あいを合わせているカラマツで、箱を作っていきます。
出来上がった箱にはキャスターを取り付けます。そして、オイルフィニッシュで塗装していきます。
これでテレビ台ができあがりました。

三つ目の家具は、テレビ台の天板を切り取った時に出た、残りを使って作ります。
形を整えてから、脚の残りを使って取り付けていきます。
表面の硬質ウレタンの部分は残して、周りをオイルフィニッシュしていきます。
これで素敵な花台ができあがりました。

一つの大きな家具から三つの家具が出来上がりました。これで新居にもマッチしそうですね。

他にどんな家具からどんな家具へリフォームできるか紹介します。
学習机とオルガンの椅子から、ロッキングチェアーと、サイドワゴンができました。
洋服タンスから、食器棚そして、収納付き照明へとリフォームされました。

足に小物入れの付いたドレッサーが、小物入れをドレッサーから取ることによって、足元の広いドレッサーと小物入れができました。
座卓は足を取り替えることによって、ダイニングテーブルにリフォームできます。

まだまだ色々できそうですね。素敵な家具にリフォームできるといいですね。

Powered by Movable Type

Supported by Movable Type入門