マイホームの工法についてその3

マイホームの部品をあらかじめ工場でつくっておくことをプレハブといいます。
プレハブはプレハブリケーションを略した言葉です。

プレハブ住宅は部品を工場で生産することから、品質にばらつきがなく、良質な部品が生産されます。
プレハブ住宅での建築では、工場生産された良質の部品を現地で一軒ずつ組み立てていく、という工程になります。

このときの組み立て作業に問題があれば、高品質のマイホームとはなりません。
プレハブ住宅は木造在来工法に比べて高品質であるという意見もありますが、現地での組み立ての良し悪しが品質に影響するという意味では、両者に大差は無いようです。

工場で部品を大量生産するため、結果的にコストを抑えることができるという意見もあります。
しかし、大量生産の恩恵を受けるのは売れ筋商品など、一部の商品に限られるようです。

プレハブ工法には大きく分けて3つの工法があります。
木質系プレハブ工法、鉄骨系プレハブ工法、コンクリート系プレハブ工法です。
木質系プレハブ工法は壁式のパネル工法で、ツーバイフォー工法の壁をあらかじめ工場で生産するというものです。

鉄骨系プレハブ工法は、軽量鉄骨を使用した軸組み式の工法となっています。
部材を工場生産するため、工期が短いことや精度が高いことなどが特徴として挙げられます。
ただし、材料が鉄であるため熱に弱いこと、錆びやすいことがデメリットになります。

コンクリート式プレハブ住宅はコストが高いこと、間取りの自由さが無いことなどか現在でもあまり普及していません。

Powered by Movable Type

Supported by Movable Type入門