地元の工務店でマイホームを建てる

地元の工務店といっても、大きな規模の工務店から小さな規模の工務店まで様々です。
しかし、ある程度の規模以上の工務店であればマイホームの設計から施工、アフターサービスまで行っています。

地元工務店で扱っている工法は木造の在来工法がほとんどですが、中にはツーバイフォーや輸入住宅なども取り扱っています。

ハウスメーカーなどに比べて規模が小さく、営業エリアも地域に密着して限られているので、対応がすばやく小回りが利くというメリットがあります。

しかし、大手のハウスメーカーに比べ情報に乏しく、最新技術に対する対応も遅れがちであるようです。
それだけに地元での工務店に対する評判が重要なポイントになってきます。
地元での評判が良くない工務店は避けましょう。
何か問題があるからこそ、悪い評判がたつのです。火の無いところに煙はたちません。

地元工務店にマイホーム建築を依頼する前に、その工務店が施工した家を何軒か紹介してもらいましょう。
そして実際に住んでいる人の声を聞いてみるのもいいかもしれません。
長きにわたり、地元に密着して堅実な経営を保っているとすれば、信頼のおける工務店であると思います。

施工後に不具合が生じた場合のアフターケアについても重要な判断材料になります。
完成後の点検やアフターサービスの充実さは、大手のハウスメーカーにはかないません。
小規模工務店であれば、万が一倒産することも考えられます。
そのため、倒産後の保証制度なども確認しておく必要があります。

Powered by Movable Type

Supported by Movable Type入門