マイホームの窓を考える

マイホームの中には効率よく光を採り込みたいものです。
大きな窓を設置すれば採光量は増えますが、壁の面積が減ってしまうためにマイホームの強度を低下させてしまう危険があります。
プライバシーの問題やマイホームの構造なども考えながら、窓の位置と大きさを決めなくてはいけません。

窓の特徴として、壁の上部にあればあるほどより多くの光を室内に採りこむことが可能です。
そして横長の窓よりも縦長の窓のほうが、部屋の奥まで光が差し込みます。

隣家との距離が近い場合、隣家の窓に自家の窓がこないように位置をずらすことも大切です。
道路に面した部屋では、通行人からの目も気になります。
このような場合には、ハイサイドライトやローサイドライトとすることにより、プライバシーを保つことが可能になります。

ハイサイドライトとは天井の近くにつける窓で、通常の位置ではプライバシーが保てない場合などに採用されます。
太陽の光を天井や壁に反射させて間接的に採りいれるため、柔らかい光が得られます。
開閉式のハイサイドライトを採用すれば、部屋の上部にたまった熱気を排出することも可能です。

ローサイドライトは床近くにつける窓で、直射日光を遮りながら風を採り込むことが可能となります。
目線の低い和室に適しているといわれています。

トップライトは天井につける窓のことを指します。
トップライトは同じ面積であればサイドライトの3倍の明るさを採り込めます。
玄関や階段などに採用されることが多いようです。

Powered by Movable Type

Supported by Movable Type入門