マイホームの軒について

最近のマイホームのデザインでは、軒(のき)を出さないタイプが多くみられます。
日本は雨が多く、特に夏は高温多湿となります。

そのため、軒やひさしを出しておかないと屋根と壁の継ぎ目から雨漏りをする可能性があります。
加えて雨の影響で外壁が早く傷んでしまったり、汚れが目立ったりします。
直射日光も当たるため、結果的に外壁の変色も進んでしまう可能性もあります。
このようなことが実際に起これば、雨漏りの修理や外壁のメンテナンスに多くの費用が必要となってきます。

軒を出しておけば、雨の日であっても窓を開けて換気をすることが可能です。
軒やひさしのおかげで雨が部屋に中に入りこむこともありません。

夏の暑い時期に雨が降れば、当然家の中は蒸し暑くなりますので、窓を開けるかエアコンを動かさなくてはなりません。
雨が降っても窓を開けて自然換気ができれば、エアコンなどを動かさずにすみますので、光熱費も抑えることができるのです。
ただし、風を伴う激しい雨では無理ですが。

若い世代では現代的なデザインのマイホームを好む傾向にあり、軒やひさしを出さないことが多くなりました。
しかし、日本の気候を考えたときには軒やひさしは不可欠なものであると思います。

日本に古くからある様式では軒やひさしは必ず張り出しています。
軒やひさしは外壁を保護する役割も担っています。
軒やひさしを出すことがマイホームの耐久性も高めて、ランニングコストを抑えることにつながっていくのです。

Powered by Movable Type

Supported by Movable Type入門