マイホームのランニングコスト

近年建築されるマイホームの多くは気密性に優れた構造となっています。
そのため、風の通りや光の採り方に配慮した窓の配置にするとともに、サッシをペアサッシにすれば、冷暖房の効きは良くなります。

冷暖房についてのランニングコストを下げるためには、冷暖房の効きを良くすることにつきますが、大きな窓や広い吹き抜けなどを設置すると冷暖房の効きは悪くなります。
マイホームのデザイン優先で大きな窓をとったり、吹き抜けを設置したりする時には注意が必要です。
マイホーム建築時のイニシャルコストを下げたいのであれば、エアコンなどは新居完成後にディスカウントショップで購入すればいいでしょう。

光熱費のランニングコストを下げるために、太陽の光を利用するソーラーシステムなどを設置するのもいいでしょう。
ただし、ソーラーシステムには初期投資として200万円ほどかかる場合もありますので、よく検討する必要があります。
ソーラーシステムで得られた電力を電力会社に買い取ってもらう制度もあるようです。

オール電化住宅も光熱費のランニングコストを下げる方法のひとつです。
イニシャルコストは30万円ほど高くなりますが、オール電化住宅にすることによって深夜電力を有効に活用することができます。
お風呂だけはガス方式を採用するなど、中途半端なことをすると効果は期待できません。
お風呂や台所のコンロはもちろん、冷暖房設備なども電気方式で統一することが大切であるようです。

Powered by Movable Type

Supported by Movable Type入門