リビングリフォーム

家族団らんの皆が集まりやすいリビングにリフォームしたい。
どういったものにすればいいのでしょうか。

温泉旅館の畳の部屋。和みませんか。そんな部屋になるといいなあ。
フローリングでも畳の和室でもいいんですが、「堀座卓」があるといいですね。
心置きなく床(畳)にごろっとできるそんな部屋に家族で集まりませんか。

フローリング場合は、冬も暖かくごろっとできるよう床暖房があるとと良いでしょう。
電気式のシートタイプのものならもっと簡単に設置することができます。
フローリングの一部を畳にする場合、撥水性の和紙畳を使えば、水などをこぼしても楽に拭き取れますし、ダニやカビを防ぐので安心です。

掘りコタツのある部屋を見てみましょう。
(積水ハウス/横浜ホームコレクション)から出ているものです。

この部屋にはステンドグラスのような美しい色合いの障子がついています。
障子紙はワーロンという樹脂素材でできています。
壁はクロス貼りで、床の間は踏み込み床のタイル仕上げになっており、全体はカジュアルな感じに仕上げられています。
障子紙は色分けしてあり、ステンドガラスのようで、シンプルな和室がとても素敵になっています。
和室とステンドグラスは相性がいいので、ステンドガラスやエッチングガラスなどの色々なデザインガラスが
扉に使われると、洋風な家とのバランスを取ることができます。

部屋の中心に堀コタツが設置されています。電気式で、使わない時はしまっておくことができます。
和室はコタツでくつろいでごろっとリラックス。家族も自然に集まってきそうですね。
こんなカジュアルで楽しい和室にリフォーム、してみませんか。

Powered by Movable Type

Supported by Movable Type入門