失敗しない住宅リフォーム

もしも住宅のリフォームで失敗してしまったら・・・
そんなことにならないよう注意するところはどこでしょうか。

どうしてもリフォームにはお金がかかりますのでコストダウンしてしまいがちですが、そのために満足のいかないものになってしまうことがあるようです。
ここはケチらずにお金を掛けておいたほうがとても満足する、 ポイントってどこなんでしょう。
なんだか安っぽくなってしまった、どこか思ったより古ぼけてパッとしなくなった、なんて後で後悔したくないですね。

「内装リフォーム」ではどこに注意したらよいのでしょうか。

「床」は部屋の第一印象を決めてしまうほど材質には気を使って欲しいところです。
特にフローリング材に、部屋のグレード感に大きな影響を与えてしまうようです。
ですからフローリングにするなら、材料選びには妥協しないのがとても大事なことです。

そして大切なことは、その部屋に求めるのは何なのか、 自分が一番大切にしたいのはどんなことか、 そういったことをを良く考えて適材適所の床材選びをすることなんです。
床の工事は、壁よりも手間も費用も多く掛かります。1度工事してしまうと、やり直しをすることは容易ではないです。
なので「床材選びはなるべく妥協をしないように!」 ということが大事なポイントとなるのです。

「外装リフォーム」ではどんなことに気をつけたらよいのでしょうか。
外に面する木部は美しく保たれているでしょうか。
外壁をキレイに塗装しても、木部の状態が悪いと、家全体のイメージは台無しになってしまいます。
外に面した「木部」 が美しく保たれているかどうか、よく見てみましょう。
「木部」 の塗装は、状態にもよりますが5年前後でされるのが適当なようですね。
メンテナンスはしっかりしていきましょう。

木の美しい風合いはとても魅力なのですが、メンテナンスが面倒という方は、アルミ製品や樹脂製品にリフォームするのもよいようですね。
ですが木目調タイプの製品は、本物の木とはもちろん違うものですので、実物サンプルでよく確認しておくことが大切です。

予算配分はメリハリをつけて、こだわりの部分、お金を掛けたいところは妥協せずに考えていくとよいですね。
あっちもこっちもと思って結局全体的に平凡な感じになってしまうこともあるんです。
優先順位をしっかり決めて、こだわりの部分はいい物を使いたいですね。

Powered by Movable Type

Supported by Movable Type入門