洗面所リフォーム

洗面所は、毎日家族みんなが朝は歯を磨いたり、顔を洗ったり、男性ならばヒゲをそったり、女性ならお化粧をしたりしますね。リフォームにはどんなことに気をつけたらいいのでしょうか。

色々な用途で使用する洗面所には、小物がたくさん収納できるようにするといいですね。
小さなモノを頭上の吊り戸棚や、奥行きの深い所にしまってしまうと、取り出しにくいですね。
ですから、木造の間仕切り壁の場合は、その厚みを利用するといいようです。
小物を収納する棚は、10センチ程度の奥行きにすると使い勝手がよいようですね。

充電用のコンセントが足りない、というケースも良く見られるので
必要なコンセントの数をチェックして、少し多めに付けておくのをおすすめします。
その際にはそれらのコードが邪魔にならないような位置を工夫するとよいでしょう。

そしてもうひとつ大切なポイントとして、洗面台の高さも気にしてみてください。
洗面台が高すぎる場合は、顔を洗う時に楽かと思われますが、手からヒジへと水が流れてしまい、床の上が水浸しになってしまうので気をつけてくださいね。

洗面所は浴室の隣にあり脱衣所として使われることも多いかと思います。
濡れた体で裸になる場所でもあるので、冬場の暖かさや、水に強い内装や、外からの視線などに気をつけて考えます。

冬、寒い洗面所から暖かい浴室へ、そしてまた寒い洗面所へいくことになりますと、身体が急激な温度変化にさらされてしまいます。
そんな時には血圧や脈拍の大きな変化から「ヒートショック」が起こることがあり、重大な事故となってしまいます。
そんなことが起こらないようヒーターなどが付けられるようコンセントがあるとよいようです。

また、洗面所の床下にある木材が腐食しないように、内装材は湿気や水に強い建材を選ぶとよいでしょう。

バスタオルはカサもあり収納場所をとるト思われますので、頭上に「タオル用棚」を作っておいてもよいかと思います。
バスタオル用に大きなタオル掛けを付けておくと便利かと思います。
下着を入れる収納場所も作っておいたりタンスが置けるとよいかと思います。

みんなが使いやすい洗面所になるといいですね。

Powered by Movable Type

Supported by Movable Type入門