新築したマイホームのシックハウス症候群

新築したマイホームに引っ越したとたんに頭痛やめまい、吐き気などに襲われることがあります。
これらはシックハウス症候群と呼ばれ、新築されたマイホーム特有の現象です。

新築されたマイホームの内装材などの建材が原因で引き起こされるもので、そこに住んでいる人の健康状態を不調なものにするため、大きな社会問題になっています。

住宅建材には様々なものが使用されています。
中には多様な化学物質を利用したものもあります。

これの化学物質が原因で、マイホームの新築やリフォームを行ったときに引き起こされるのです。
症状は化学物質の種類によって異なりますが、一般的に頭痛やめまい、目がチカチカする、喉が痛い、吐き気がするなどの症状が現れます。
住宅の建材だけでなく、シロアリ駆除や新しい家具を購入した時にもシックハウス症候群の症状を起こすことがあります。

最近のマイホームは気密性が高まってきています。
そこに化学物質と換気不足が加わることによりシックハウス症候群が起きてしまうようです。

シックハウス症候群を引き起こす化学物質はホルムアルデヒドをはじめとする「揮発性有機化合物」が原因とされています。

ホルムアルデヒドは壁紙用の接着剤や合板の接着剤に使用されています。
そのような化学物質を使用していない接着剤を使用することが重要です。
家族の健康は、健康的なマイホームづくりから始まることを念頭に置き、シックハウス症候群とは無縁のマイホームにしたいものです。

Powered by Movable Type

Supported by Movable Type入門