マイホームの照明選びのポイント

新築のマイホームにおいて照明選びは欠かせないものです。
照明によってマイホームの雰囲気はガラリと変わってきます。
将来のメンテナンスやランニングコストなども考えて、慎重に選びたいものです。
ランニングコストまで考慮すれば、蛍光灯のほうが白熱灯よりもコストを抑えることができます。
蛍光灯の特徴は、白熱灯と同じ明るさが少ない消費電力で得られるところにあります。

数多くある蛍光灯の中でも、一番安くて一般的なものは直管タイプのものです。
蛍光灯を用いてインテリア性を高めたいということであれば、シンプルなダウンライトに丸い蛍光灯を取り付けるのはどうでしょうか。

器具自体も比較的安価で、照明内部にホコリがたまらないので掃除も簡単に済ますことが可能です。
少々値段は張りますが、電球色の蛍光灯もありますので、光の色にこだわりがあればそちらを選んでもいいかもしれません。

スポットライトにハロゲンライトを使用するケースがあります。
ハロゲンライトは機器の価格が高く、ランニングコストとしての電気代も高くつきます。
このようなライトを用いたいのであれば、場所を限定してコストバランスを保つことが重要であると思います。
デザインにこだわった照明器具も、当然のことのようにコストアップに直結します。
リビングやダイニングに限って照明器具にこだわり、寝室などはシンプルなものにするなど、マイホーム全体のバランスを考えて照明器具を選びたいものです。

Powered by Movable Type

Supported by Movable Type入門