屋根のリフォーム

台風が多い時期に気をつけたいこと、それは屋根、屋根瓦です。
屋根瓦が飛んでしまって事故を起こす前に点検が必要です。

ストレート屋根に使われている棟板金は、「貫 (ぬき)」 という木材に釘で留めてあるものですが、その貫が腐食してしまうと、ちょっとした風が吹けばすぐに釘が抜けて外れてしまいます。
また瓦の取り付けが緩んでいる場合、強い風が吹けば瓦自体が飛んでしまうこともあり大変危険です。

屋根はどんな材料で葺かれていても、10年以内おきの定期的な点検が必要になってきます。

その時に腐食や緩みのメンテナンスをしっかり行ないましょう。
葺き替え時期を見逃さないように注意することがとても大事になってきますね。

「雨漏り」こちらも台風時期には気をつけたいものです。
「雨漏り」 は屋根からだけとは限らないからなんです。外壁からも雨漏りはあるんです。
台風時はとても 強い風 が巻き起こります。なので普段は掛からない場所にも雨水が吹き付けられてしまいます。

屋内に入ってきた雨水は、家の構造部分を伝わりどんどん流れていきます。
天井から垂れてきたとしても、その真上の屋根部分に問題があるとは限らない場合もあるのです。
また家の中に水が垂れてこない場合は、雨水が軒先に流れていることもあり、気付いていないだけ、ということもあるのです。

これらを放置しておけばどうなるのでしょうか。大切な構造部分が腐食してしまいます。
よって、家の寿命を激減させることになってしまうのです。
屋根と外壁の 「点検」 と 「メンテナンス」をしっかりしていくことが大切ですね。
点検やメンテナンスは定期的にしっかり行なって、大切な財産である家を守っていきましょう。

Powered by Movable Type

Supported by Movable Type入門