マイホーム購入時の予算その2

マイホームの購入金額を考えるとき、「住宅ローンでいくら借りられるのか」ということが重要になってきます。

住宅ローンで借りることのできる金額がわかれば、頭金として用意できる金額をプラスすれば、購入金額を知ることができます。

住宅ローンでお金を借りれば、その後長期にわたって利息を加えた金額を返済していくことになります。
返済金額はローンの借入金額、ローンの返済期間、金利によって変化していきます。

返済期間が長く、金利が低く、借入金額が低いほど返済金額は低く抑えることができます。

例えば、住宅ローンで1000万円を金利3パーセントで借りたとします。
返済期間が10年であれば月々の返済金額は10万円近くになるのですが、返済期間が30年であれば4万円ほどを毎月返済していくことになります。
しかし、返済期間が長いほど、全体の返済金額が増えていきます。
今の例ですと、返済期間が10年であれば返済総合計金額は1160万円になりますが、返済期間が30年であれば合計金額は1520万円になるのです。

現在の会社では定年が60歳ですので、60歳までにローンを返済できるように返済期間を設定するようにしたいところです。
ボーナスで返済金額を増やして月々の返済金額を抑える、という人もいます。
しかし、ボーナスは景気に左右されるという側面も持っています。
そのため、ボーナスを頼りにして毎月の返済金額を設定すると、後々苦しくなるという危険性もあるのです。
マイホームの購入のローン返済ではボーナスをあてにしない、という人も多くいます。

Powered by Movable Type

Supported by Movable Type入門