マイホームの床暖房

マイホームの暖房設備として床暖房を選択する人が増えています。

灯油を使用したストーブなどは、長時間連続して使用したい場合、空気の入れ替えが必要です。
エアコンを使用した場合は空気が乾燥するため、スチームなどを同時に運転する必要があります。
床暖房では空気の入れ替えは必要ありませんし、空気も乾燥することはないのです。
床暖房では足元から暖まるので「頭がボーッ」とすることもありません。
小さな子供がいる家庭では、ストーブを倒して「やけど」をする心配もありますが、床暖房ではその心配事からも解放されます。

床暖房ではスイッチを入れてからすぐに暖房効果が現れるわけではないので、その点はデメリットになってきます。
タイマー設備を有効利用することで、その問題はいくらか解消されるかもしれませんが。

このような理由からマイホーム新築時に床暖房を採用するひとが増えているのです。
少々高価ではありますが、検討のテーブルに乗せてみてはどうでしょうか。

マイホーム完成後に床暖房を設置するとなると、大変な費用が必要となります。
新築時の倍くらいの費用がかかると言われていますので、床暖房が欲しいのであれば、新築時に設置しておきましょう。

マイホーム建築時は沢山の費用が必要になりますので、あとづけでも費用が変わらないものは後からにしても構わないと思います。
あとづけで費用が割高になるものは、あきらめずに思い切って採用してみてはどうでしょうか。

Powered by Movable Type

Supported by Movable Type入門